三軒茶屋エリア紹介

三軒茶屋(さんげんぢゃや)は、東京都世田谷区の地名である。住居表示では一丁目から二丁目まで存在する。 また、東急田園都市線・東急世田谷線三軒茶屋駅周辺、三軒茶屋一丁目・二丁目、太子堂一丁目 - 五丁目、 下馬二丁目一帯のエリアを指して三軒茶屋地域認識とされることもある。「三茶(さんちゃ)」と略す場合もある。

地理

世田谷区の中央部に位置し、住居表示上の町名としての当地区は、東に下馬、南に野沢、上馬、北に若林、太子堂に接する。
世田谷区の中でも繁華性が最も高い商業地の一つがあると同時に、吉祥寺や自由が丘同様「住みたい町」などのランキングに名を連ねる ことが見られる人気の住宅地もある。
渋谷に近いことや、「芸能人が数多く住んでいる町」であること、カフェブームの隆盛に多大な影響を与えたことなどから「オシャレな町」 として語られることが多いが、駅前のエコー仲見世商店街やすずらん通りなどレトロな景色が多く残っているのが特徴。
付近のシンボルは三軒茶屋駅周辺の再開発事業の一環として建設された複合ビルキャロットタワーで、東急世田谷線三軒茶屋駅も設置されている。

歴史

旧・荏原郡中馬引沢村(なかうまひきさわむら)、下馬引沢村、太子堂村等の一部であった。 三軒茶屋が正式な地名として定められたのは1932年(昭和7年)の世田谷区誕生時である。

地名の由来

江戸中期以降、社寺参詣ブームで賑わった大山道と登戸道の分岐(追分)付近に信楽(後に石橋楼)、角屋、田中屋の三軒の茶屋が 並んでいたことに由来する。この呼び名は文化文政の時代には既に一般的なものとなっていたようである。
大山道(大山街道)は現在のほぼ国道246号にあたり瀬田、二子橋を渡り大山へ向かう。登戸道は、井伊家知行地の世田谷代官屋敷 (現在の世田谷区世田谷、ボロ市通り沿い)や世田谷の上町(武家町)を通って登戸に向かう街道筋であり、現在の世田谷通りにあたる。

三軒茶屋エリアおすすめ物件はこちら

イシガミホームでは池尻エリアの物件を豊富に取り揃えて
皆様のご来店をお待ちしております。ご予約はこちらから