入居までの流れ

賃貸物件を探す

賃貸物件を探す

まずは部屋を選ぶときの基準となる家賃の上限を決めましょう。目安として家賃は月収の1/3以下で押さえることがベター。 どこに住むか。(場所)どのようなところに住むか。(間取り・広さ等)自分の希望を具体的にまとめましょう。

物件の下見のポイント整理

物件の下見のポイント整理

ただ漠然とお部屋の下見に行ったのでは意味がありません。間取図から受けた印象どおりの広さがあるか、必要な家具は納まるのか、 収納の数は足りるのかなど、行く前に間取図を見ながら気になる疑問点を整理しておきましょう。限られた時間の中で下見をするのですから、 見るべきポイントは確実に押さえ 効率よくお部屋探しをしましょう。

物件の下見

物件の下見

不動産会社さんに案内していただきましょう。

物件の申込み

物件の申込み

気に入った物件が決まりましたら、入居申込書に必要事項を記入します。この時、連帯保証人を 書かなければならないので、事前に身内(親・兄弟)の方に声をかけておきましょう。

入居審査

入居審査

大家さんと物件管理会社による、入居審査が有ります。この段階で、契約できるかどうか判断されます。 この時、連帯保証人の追加を求められる場合があります。

申込物件の契約

申込物件の契約

入居審査が通りましたら、いよいよ契約になります。必要書類や必要な契約金を持参して業者の事務所で契約になります。

重要事項説明

重要事項説明

事務所で、賃貸借契約書の説明をうけ、署名・捺印をします、この時、連帯保証人さんが来れない場合は、事前に業者に連絡の上ご相談ください。

契約締結(鍵の引渡し)

契約締結(鍵の引渡し)

事務所で、賃貸借契約書の説明をうけ、署名・捺印をします、この時、連帯保証人さんが来れない場合は、事前に業者に連絡の上ご相談ください。